新生児 体温 低い

新生児の体温が低い場合は


新生児の体温が低い時の対処について説明します。

 

低体温とは、一般的に熱が36度以下で続いている低い状態のことです。
新生児の場合は、平熱は37.5といったように大人に比べると、すこし高くなります。
新生児の場合は、自分で調整することができませんので、保護者の看護が必要になってきます。
保護者の方にも低体温の方がいれば、一緒に過ごす新生児も低体温になる可能性が高まるのです。
そうなると、体調を崩しやすくなったり、冷え性になったりと
体に多くの不調が出てきます。
原因として、エアコンに頼る室内環境が挙げられます。
部屋の気温調整にエアコンを使うほど、新生児の体温調節機能は働きにくくなってしまうのです。
常に快適な温度だと、調節の必要がなくなるためです。
なので、エアコンの設定温度や、自動運転に任せずに、新生児の肌を触るなどして調節をするように心がけてください。


スポンサーリンク


次に、汗を放置してしまうのも原因1つになります。
赤ちゃんは、汗っかきなのですぐに汗をかいて肌着を湿らせます。
授乳したり昼寝をしただけで汗の量がすごいので、その都度着替えをさせるようにしてください。
また、冷たい飲み物や離乳食も原因となることがあります。
赤ちゃんは基本的に白湯やミルク、母乳といった冷たくない飲み物を与えます。
気温が高いからといって冷たい飲み物を与えてしまうと、下痢や嘔吐の原因にもつながるので気をつけておきましょう。
赤ちゃんを触った時に、手足が冷たかったり、唇の赤みがなかったり授乳ペースが落ちていたりすると低体温であるということなので、気を付けてください。
このような
症状があっても元気に動き回る赤ちゃんはいます。
しかし、その姿をみて勝手に大丈夫だと判断せずに放置をするといったことはやめてください。


スポンサーリンク