新生児 くしゃみ ミルク

新生児はくしゃみが出やすく、鼻からミルクが出ることもある?!


ここでは赤ちゃんがくしゃみの際に鼻からミルクが出てしまうのをどうするか?
について解説していきます。

 

くしゃみの原因は風邪やアレルギー、ほこりなど様々です。
新生児の鼻は短く高さもなく、鼻の穴も小さくて鼻腔が細いです。
また粘膜が敏感で鼻毛もないのでほこりや気温の変化、空気の乾燥などで粘膜が腫れやすくなります。
こういった時にくしゃみや鼻水、鼻詰まりが起こりやすくなります。
授乳後のゲップの時に鼻の方にミルクが流れ込んでいくこともあります。
鼻毛は空気中のごみやほこり、ウイルスなどが入らないようにフィルターの役目を持っています。
体内に冷気が入るとよくないので、鼻の中を通る間に加温、加湿され気管支、肺に入っていきます。
新生児は鼻の機能がまだ未熟で敏感なため、大人では問題のないようなちょっとした刺激でくしゃみが出てしまいます。
風邪のひき始めも出やすいです。
風邪のウイルスが鼻に入ってくるのを防ごうとしているためです。
入ってきたウイルスや細菌を外に出そうとする防御反応がくしゃみです。
風邪を引いている場合は他にも症状が出るので、鼻水や咳、熱があれば新生児の場合はお医者さんにみてもらうのが安心です。


スポンサーリンク


くしゃみをしている時はまず暑すぎたり、寒すぎたりしないかをチェックし、次にほこりがたまりすぎていないかをチェックします。
掃除機をかける時は排気が赤ちゃんにかからないように注意します。
また布団やタオルなどはほこりが多いので、赤ちゃんの近くでバサッとたたんだりせず、ほこりが舞わないように注意することが必要です。
花粉が多い時期やカビが生えやすい時期は、こまめに掃除をし、外から帰った時は服についた花粉を落としてから家の中に入るなどの注意が必要です。
乾燥した空気はウイルスや細菌が繁殖しやすいです。
しっかりと加湿をして適度な湿度を保つように心がけることが大切です。
特に冬場は空気が乾燥しやすいので注意が必要です。
加湿器がなければ洗濯物を部屋に干したり、濡れたタオルを干すだけで十分に加湿することができます。
夏場は空調による乾燥や冷え過ぎに注意し、冬場は寒さと湿度に注意するなど季節に合わせた対応も必要です。


スポンサーリンク