新生児 便秘 泣く

新生児が便秘で泣く時の対処法


新生児が便秘で泣く、泣き止まない時の対処方法について解説します。

 

新生児が便秘で苦しそうにしていて、泣くなどしてその苦しみを訴えている時は、見ているお母さんの方も辛くなってしまいます。
しかし、一刻も早く赤ちゃんを楽にしてあげるべく、対処する事が大切です。
母乳をしっかりと飲んでいて、睡眠も取れているのであれば落ち着いて対応しましょう。
まずは、泣いている赤ちゃんを安心させてあげる事が大切です。
抱っこしたりして肌を密着させて安心させてあげてください。
少し落ち着いたら、まずはどのくらいの期間、便秘が続いているのかを確認します。
何日も続いているようであれば赤ちゃんにとってはとても辛い事ですので、一刻も早く便を出してあげるように処置しなくてはなりません。
大人もそうですが、何日も便が体の中に溜まっている事は決して良い事ではありません。
赤ちゃんは苦しさや辛さを言葉では表現できないので、泣くという方法でお母さんに訴えているのです。


スポンサーリンク


まず、赤ちゃんのお腹を優しくマッサージします。
のの字を書くように、円を描く容量でマッサージして、腸の働きを促します。
それで少し様子を見て、改善する兆候が見られない場合は、浣腸をするのも有効です。
浣腸の薬を病院で処方してもらう事も出来ますが、家庭にある綿棒を使っての浣腸を行う事も出来ます。
赤ちゃんの肛門はとても小さいので、赤ちゃん用の綿棒を使うと肛門から挿入する際の痛みを軽減する事が出来ます。
そして、綿の部分に少量のベビーオイルやワセリンなどを付け、潤滑剤にすると更に痛みを軽減する事ができます。
優しくゆっくりと綿棒を肛門から挿入し、軽く円を描くように回転させると、それが刺激となり便が排出される場合があります。
それ以外にも、砂糖水やマルツエキスなどを飲ませたり、水分を多く取らせるという事を根気良く行い、マッサージなども併用して便通を促すと良いです。


スポンサーリンク