新生児 ゲップ 出し方

新生児のゲップの出し方と対処法について


新生児のゲップの出し方について紹介していきます。

 

新生児にミルクや母乳を与えた後は必ずゲップを出させるようにしましょう。
なぜなら新生児は自分でげっぷを出す事ができないので、大人がしっかりげっぷをさせておくことで胃に空気が溜まる事を防いでくれてせっかく飲んだ母乳やミルクを上がってきた空気と一緒に吐き出してしまう乳吐きや、ミルクや母乳がのどに詰まることによって起こる窒息を防ぐことが出来るからです。
ゲップの出し方はまず新生児を肩にもたれ掛けさせるようにして縦抱きし、左腕で体を支えながら右手で背中を叩くという方法が一番ポピュラーな方法です。
これを授乳後にはげっぷが出るまで行いましょう。
このように背中を叩くことで胃の中に溜まった空気が集まって上がっていき、げっぷとなって外に出てくれるのです。
新生児の背中を叩くという事に抵抗を覚えるかもしれませんが、それほど強く叩かなくても胃のあたりを集中的にトントンと叩くと空気が集まりやすくなりすんなりとげっぷを出すことができます。


スポンサーリンク


背中を叩く以外の出し方としては、まず首をまっすぐささえて胃から気道がまっすぐになるようにしてから、胃から食道へと上に空気が流れ出るようなイメージで背中を下から上へとさすってあげるという方法があります。
人によってはこちらの方法の方がゲップを出しやすいケースも見られるのでどちらも試してより早く出せる方法を見つけましょう。
赤ちゃんによってはどれだけ叩いてもさすってもなかなかゲップが出ないという場合もありますが、その場合は無理にげっぷを出す必要はありません。
もしゲップが出なかった場合は、タオルなどで枕を作って赤ちゃんの顔が横向きになるようにして寝かせておくとよいでしょう。
こうすることで自然と胃の中の空気が上がってきた場合でも抵抗なく外に排出することができるし、上がってきた空気と一緒にミルクや母乳を吐き出した場合でものどに詰まらせることなく外に吐き出せます。


スポンサーリンク