新生児 げっぷ 出ない

新生児のげっぷが出ない時は...


新生児のげっぷが出ない時どうするか?
対策や原因について解説します。

 

新生児はなにかと心配で不安がたくさんある時期です。
この期間の中でも心配される内容の1つに「げっぷが出ない」と
悩まれる方々もたくさんいるでしょう。
せっかく
一生懸命飲んでいた母乳やミルクを吐き戻してしまったり
運が悪いと
吐き戻した母乳やミルクを喉に詰まらせてしまったりしてしまいます。
大人にとっては簡単で
あまり気にしないことでも
赤ちゃんにとってはとても
大切なことなのです。
ですが
新生児にとってはげっぷを出すことも
大変なことで
なかなか出ない子もたくさんいらっしゃいます。
どうしようと焦る気持ちも生まれてしまい、
産後の精神的に不安定なお母さんにとっては自分の責任なのではないかと
責めるようなことをしてしまい、
ストレスになってしまう方もいらっしゃることでしょう。
しかし、
心配する必要はありません。
自分を責める必要もありません。


スポンサーリンク


ところでどうしてげっぷを
出さなければならないのでしょうか。
もちろん吐き戻しを防ぐため、気管に詰まらないようにするためという理由もあります。
しかし、これだけが理由ではありません。
他に、空気によってお腹を圧迫しないようにするためや
ミルクや母乳をしっかり胃の中に入れ、消化吸収をしやすくするためといった
理由もあります。
身体の中の機能もまだ未熟な新生児は
げっぷをお母さんやお父さんに出してもらうことで
成長に繋がる大切な過程を積み重ねているのです。
では、出ないとお悩みな方。
ここで上手な出し方をご紹介しましょう。
新生児は首が座っていないので
安定感がありませんが
首を支えながら腰をまっすぐにして
座らせてあげて
背中を軽く叩いてあげるといいです。
これがうまくいかない場合は
胸の部分が肩に乗るように担ぎ
少し胸が圧迫できるようにして背中を
叩いてあげるといいでしょう。
このとき、げっぷといっしょに吐き戻してしまう場合もあるので
ガーゼを顔の下に引いておくといいです。
頑張ってもダメなとき...
背中にクッションなどを置いて横向きにして寝かせると
気管が広がりやすいです。
出ないとお悩みの方は試してみてください。
しかし、自分を追い込まずに頑張って
赤ちゃんと向き合っていただきたいです。


スポンサーリンク