新生児 しゃっくり 多い 止める

新生児のしゃっくりが多いのを止める方法


新生児がしゃっくりが多いのを止める対策について解説します。

 

新生児は、大人では考えられないようなちょっとしたことで、しゃっくりをしてしまいます。
産まれたばかりで、まだ横隔膜の発達も未熟なので、ミルクを飲んで胃や腸が動いただけでも、それが刺激となってしまうことがあります。
暑い寒いの温度の変化やうまく授乳後のゲップが出せなかったというようなことでさえも原因となってしまうほど、新生児の状態はデリケートなので、しゃっくりをする回数がとても多いと感じてしまうかもしれません。
お母さんは、新生児が全身を使ってしゃっくりをしているような様子を見ていると、とても苦しそうに見えるので、少しでも早く止めてあげたいと思うのではないでしょうか。
しかし、一般的によく言われているような方法で、突然驚かせて止めるとか、息をしばらくの間止めるとか、そのようなことは赤ちゃんにはできません。


スポンサーリンク


では、どのようにして止めてあげればいいのでしょうか。
まず、赤ちゃんがどうしてしゃっくりを始めたのかを考えてみます。
ミルクなどを飲んだ後にし始めたのなら、胃腸の刺激の他に、もしかしたらうまくゲップが出せていないのかもしれません。
縦抱っこをして背中をさすってあげたり、優しくトントンと叩いて、ゲップを出させてあげましょう。
また、暑い寒いの部屋の状態も確認してみます。
室温をエアコンなどで調整したり、扇風機の風が当たっていないかなども確認します。
風が直接当たっているようなら、扇風機の位置を変えましょう。
白湯やベビー用の麦茶を哺乳瓶から少しずつ飲ませるのも、止めるのに有効な時があります。
いずれにしても、赤ちゃんの成長によって、横隔膜が発達してくれば、しゃっくりの頻度も下がってきます。
苦しそうで心配になりますが、思いつく方法を試してみて、見守っていきましょう。


スポンサーリンク