新生児 しゃっくり 頻繁

新生児が頻繁にしゃっくりをする理由


新生児がしゃっくりを頻繁するのはなぜか?
このことについて解説していきます。

 

赤ちゃんは大人に比べると頻繁にしゃっくりをします。
しゃっくりの原因は医学的には不明な部分も多いのですが、横隔膜が痙攣を起こしているからと言われます。
そのため、止めるためには横隔膜に刺激を与えて痙攣を止める必要があるのです。
具体的な方法として、一般的には、次の方法がよく言われます。
1つ目は、息を止めて水分を飲むことです。
2つ目は、しばらく息を止めることです。
3つ目は、他人に驚かしてもらうことです。
しかし、これらのいずれも新生児に対して実施するのは困難になります。
1つ目の方法は、新生児はまだミルク以外の水分を飲めないこともありますし、そもそも息を止めて水分を飲むことができません。
2つ目の方法も、自分の力で息の止めることをコントロールできません。
3つ目の方法も、驚かせることが難しいため、できません。


スポンサーリンク


 では、新生児に対してはどのように止めればよいのでしょうか。
その前に、新生児のしゃっくりの原因を考えてみます。
1つ目は、ミルク等の水分を急に飲むことによる胃や食道の動きが刺激されることです。
2つ目は、おむつや服がおしっこや汗でぬれてしまうことによる体温の変化です。
1つ目の原因に対しては、ミルク等の水分をゆっくり飲ませてやり、げっぷを吐かせてやることです。
2つ目の原因に対しては、おむつや服を替えたり着替えさせたりすることや、抱っこして温めてやることです。
更に、1つ目と2つ目の両方の原因に関連する方法としては、抱っこして温めてやりながら、背中をさすったり軽く背中を叩くことにより、げっぷをさせることです。
なお、しゃっくりは自然現象であり、上記の方法で完全に止められるとは限りませんし、焦らずに自然に止まるまで見守っていることも重要です。


スポンサーリンク