新生児 ミルクの量 一日 目安

新生児の一日当たりのミルクの量の目安とストレス


新生児の一日のミルクの量の目安はどれくれいか?
詳しく解説しています。

 

人間は生まれてすぐに大人と同じものを食べられるわけではありません。
ミルクから離乳食になり、食べられるものを増やしていって、最終的に大人と同じものを食べられるようになるわけです。
そのため、新生児は最初のうちはミルクだけが食事であり、ミルクを飲むことによって成長していくのです。
初めて子どもを持つ親は、子どもにミルクを適量飲ませなければならないという思いから、適切な一日のミルク量を本屋インターネット等で調べたり、医者に聞いたりして、飲んだミルクの量を管理することになります。
しかし、そこに大きなストレスが隠れている可能性があります。
一般的に一日のミルクの量の目安は800mlから1,000mlと言われています。
これは、月齢によって一回当たりに飲む量が増えたとしても、ミルクを飲む回数が減ることによって平準化されてほぼ同じ量になります。


スポンサーリンク


 上述の目安は、新生児が少食という固有の性質や、たまたま体調が悪くミルクを飲みたくない等の理由から達成されないことも多いのですが、新生児は自分で話すことができないため、親はなぜミルクを飲まないのか判断することができません。
更に、新生児は3か月健診等の公的な健診で体重測定があるため、適量のミルクを飲み体重が増加していないと、親はネグレクトを疑われてしまうこともあります。
よって、新生児を持つ親はミルクの量に対して、神経を使い、特にミルクを飲まない子どもの場合には、多大なストレスになることがあります。
しかし、ミルクではなく、母乳にする場合に、ミルクの量を管理することは困難となるが、子どもが成長しないわけではないのです。
つまり、一日のミルクの量の目安を超えなかったとしても、あまり神経質にならず、ストレスと思わず育児を行うほうがいいです。


スポンサーリンク