新生児 黄疸 退院後

新生児黄疸と退院後に注意する点


新生児黄疸で退院後にどういった点に注意すべきか
ということについて紹介していきます。

 

黄疸とは、血液中のビリルビンが増加し、皮膚や粘膜が黄色に見えることを言います。
通常ビリルビンは肝臓で処理をされるのですが、新生児は肝臓の機能が未発達なため、ビリルビンが増えすぎて肌が黄ばんで見えたり、白目が黄色に見えることがあります。
なので、新生児の大半は黄疸が出るのです。
病的な黄疸は、生まれてすぐに高い数値が出るますが、そうであったとしても、光をあてて治療をすれば良くなります。
生後2、3日は1番数値が高くなるのですが、退院する時に、特に数値が高めの赤ちゃんは、様子をしっかりと観察するように指導されます。
観察するポイントは、よくお乳を飲んでいるか、ずっと寝続けていることはないか、便通はあるかどうかです。
お乳の飲みが悪く、長い間寝ている場合は、赤ちゃんが元気をなくしていることもあるので注意しましょう。


スポンサーリンク


通常、生後2〜3週間で肌の黄ばみや白目が黄色いのもなくなるのですが、退院後も、完全母乳で育てていると症状が長引くことがあります。
母乳は肝臓の酵素の働きを弱めるのです。
しかし、母乳が原因の黄疸は、特別な治療を必要とせず、いずれは自然に消えていくことなので、特に気にしなくて良いですが、気になる場合は退院して1ヶ月後の検診などで、血液検査をしてもらうと良いでしょう。
見た目は黄色いけど、数値が許容範囲ということもあります。
出産してから、特に新生児の場合は、健康状態が気になりますが、どの赤ちゃんでも最初は黄疸が出ることを知った上で、中には病的なものもあることを理解しましょう。
退院後、赤ちゃんがお乳を飲んで、体重が増えていれば、大きな問題はないでしょう。
もしも、赤ちゃんが退院後に元気がないなどおかしいなと思うことがあれば、すぐに相談ができるようにかかりつけ医を持つことも大切です。


スポンサーリンク