新生児 外出 いつから 二人目

二人目新生児の外出はいつから


二人目の新生児を外出させるのは、いつからがよいのでしょうか?
どういったことを考慮すべきか解説していきます。

 

出産を終えて、赤ちゃんとの慌ただしい生活に慣れてきた頃、お母さんたちの頭に浮かぶのは、新生児の外出はいつからしても大丈夫なのか、ということではないでしょうか。
一般的には、母子共に一ヶ月検診で異常がなく発育が順調なら、そのあたりから少しずつ外に出し始めるお母さんが多いです。
もちろん、まだ産まれたばかりの新生児ですから、真夏の太陽の下や真冬の凍てつく気候の中を外出するのは、控えた方がいいのかもしれません。
抵抗力の弱い新生児には、風邪などのウイルスも心配ですので、人混みは避けたいところです。
そうは言っても、毎日の生活には買い物など、外出をしなければいけない場面も出てくるので、比較的混雑の少ない時間帯に出掛けるとか一番暑い時間帯を避けて出掛けるなどの工夫をすれば、外に連れて行くことを怖がることはありません。


スポンサーリンク


しかし、上に兄弟がいる二人目以降の赤ちゃんになると、いつからなどとは言っていられなくなります。
上の子が幼稚園へ通っていれば、毎日の送り迎えが必要になりますし、いろいろな行事があるので、幼稚園や学校へ行かなければならない日もあります。
赤ちゃんを見ていてくれる人がいればいいのですが、もし誰にも頼めなければ、一人で寝かせて置いて行くわけにもいかないので、連れて一緒に行くことになるでしょう。
雨の降っている日やインフルエンザなどの流行中には、なるべくなら家にいたいところですが、上の子のために外出するしかありません。
お母さんはハラハラすることが多くなるかもしれませんが、二人目以降の新生児はこういう環境で育っていくのだ、と前向きに考えて、出掛ける準備をしっかりしてなるべく赤ちゃんの負担にならないようにしてあげましょう。


スポンサーリンク