新生児 呼吸 早い

新生児の呼吸が早い時の対処


新生児の呼吸が早い場合の考え方、対処などについて解説していきます。

 

新生児とは出産してから28日未満の幼児のことを指す言葉であり、食事についても母乳を与えることが中心となっています。
ですが症状として呼吸が早いというケースがありますが、この原因や仕組みについてどうなっているか説明をしていきます。
こういったことが考えられる理由にはいくつかありますが、1番の理由は申請時の鼻腔が成人に比べて小さいことが関係しています。
生まれたばかりの幼児は全体的に体が小さいことが多いですが、その一例として鼻腔と呼ばれる鼻の穴も小さくなっています。
それによって成人に比べて一度の呼吸で吸える空気が少なくなるので、呼吸数が必然的に増加することがあります。
また鼻腔が成人に比べて小さいことから、鼻ではなく口で息をする場合もあります。
このように成人に比べて鼻の穴が小さいため、新生児は息をするのが早くなってしまうことになります。


スポンサーリンク


 新生児が呼吸が早くなってしまう2つめの理由として、母親の母乳が欲しいことを周りの人に伝えていることがあります。
生まれたての赤ちゃんの場合は言葉を発することが出来ないため、それ以外の方法で意思表示をしていきます。
その一環として息を荒げることがあり、母親の母乳が欲しいということを言葉の代わりに伝えています。
また同時に新生児は目がはっきりと見えていないことから、声を荒げることによって自分が何か欲していることを伝えることもあります。
さらに少し前まではお腹の中にいたこともあり、それが外に出たことによって肺呼吸に変化していく流れとなります。
新生児にとってこの動作は覚えたてのものとなるため、成人に比べて動作が大げさになることもあります。
2つめの理由として母親の母乳が欲しいことを伝える意思表示となっており、言葉を話すことが出来ないことが関係しています。


スポンサーリンク