新生児 湿疹 石鹸

新生児に湿疹ができたら石鹸で洗っていいの?


新生児の湿疹を石鹸で洗うべきかについて解説していきます。

 

赤ちゃんの肌はプルプルでツヤツヤと言われていますが、産まれてすぐに吹き出物ができてしまうことがあります。
「乳児性湿疹」と呼ばれるものです。
2〜3ヶ月の新生児の間はホルモンの関係で油脂分泌が多く、できやすくなります。
乳児性湿疹は新生児にできる吹き出物の総称で大きく「乳児性湿疹」「新生児ニキビ」「脂漏性湿疹」の3つに分けられます。
新生児ニキビはその名の通りニキビができてしまうことです。
ほっぺたにできることが多いです。
思春期の子供や大人のニキビと同じく白くポツポツしたものや赤くじゅくじゅくしたものができます。
脂漏性は頭皮やまゆげの中にカサブタのようなものができます。
取れるとフケのように見えてしまいます。
無理に剥がそうとすると広がったり髪の毛が抜けるのでワセリンやお湯でふやかしてから取ります。
ニキビでも脂漏性でもないものをまとめて乳児性湿疹と呼びます。


スポンサーリンク


治し方は共通して石鹸で洗って清潔にすることです。
沐浴の仕方で「顔はガーゼで吹くだけ」と書いてあることが多いですが、赤ちゃんの顔も大人と同じく油脂が分泌しています。
最初は赤ちゃんが顔を石鹸で洗われるのを嫌がって暴れるかもしれませんが、目は閉じてくれますし、慣れてくれば大丈夫です。
石鹸を泡立てて念入りに洗いましょう。
汗をこまめに拭き取ってください。
特に首がすわらない新生児は首にできものがよくできやすいです。
風呂上がりや水で濡らしたガーゼで拭いた後は保湿ローションを塗ります。
夏場はさらっとしてベタつかないもの、冬場はワセリンのような保湿クリームを塗ります。
必ずなめても問題ないものを選びます。
爪を短くすることを心がけてください。
赤ちゃんがかきこわしてしまうことを防ぐためです。
上記を実践すれば薬や特別なケア無しで治ります。
数ヶ月経っても治らない場合は病院へ行きましょう。


スポンサーリンク