新生児 寝ない 泣く ぐずる

新生児が寝ないで泣く時やぐずる時の対処法


新生児が寝ない、そして泣きやまなかったり、ぐずる時どうすべきか?
対処方法について紹介していきます。

 

生後間も無い新生児は、ほとんどの時間を寝て過ごします。
その時間、お母さんは一緒に寝るなどして休息を取り、自分自身の体力を回復させる事に努めるのが良いです。
産後のお母さんの体は自分が思っているよりも疲れています。
可能な限り睡眠や休憩を取って、これからの育児のために必要な体力を蓄えておきたいところです。
しかし、新生児の赤ちゃんはお母さんの思う通りには寝てくれない事もあります。
泣く、寝ない、ぐずるといった事が続くとお母さんの方も焦りやイライラ、不安が募り、ますます赤ちゃんが寝てくれないという悪循環にも陥ってしまいます。
特に初めての育児でお母さんの方が慣れていないと、赤ちゃんも不安になりがちです。
まずは落ち着いて赤ちゃんがどうして泣いているのかを、落ち着いて優しく探っていくのが良いです。
優しく抱っこして、赤ちゃんと肌と肌を合わせるだけで泣き止む事もよくある事です。


スポンサーリンク


赤ちゃんは、お母さんの温もりが大好きです。
その温もりの中で安心し、眠りにつく事が出来るのです。
しかし、それだけでは泣き止まない時はお腹が空いていたり、オムツが濡れて気持ちが悪かったりといった原因が考えられます。
まずはその二点をチェックしましょう。
母乳やミルクを飲み、お腹が満たされるとしばらくぐっすりと眠る赤ちゃんも多いです。
オムツが取り替えられ、さっぱりすると機嫌が良くなり、泣き止んでくれる事もあるので、優しく抱っこして背中をトントンと優しく叩いてあげながら揺れてあげると、安心して眠ってくれる場合もあります。
それでも泣き止まない時は、暑い、もしくは寒いといった原因がある事があります。
赤ちゃんの過ごす環境を快適な温度に設定してあげる事はとても大切です。
それらを全て試してみてもまだ泣き止まない時は、赤ちゃんをしっかり抱きしめて安心させてあげながら、病気のサインが隠れていないか慎重にチェックし、必要があれば病院を受診するのが良いです。


スポンサーリンク