新生児 黄疸

新生児の黄疸について記事一覧

ここでは新生児黄疸で白目が黄色になってしまうことについて解説しています。 新生児黄疸は赤ちゃんによく現われる症状で、約9割の赤ちゃんに見る事が出来ると言われています。黄疸とは赤血球が分解されて出来るビリルビンという物質が、過剰に増えている状態です。正常ならば肝臓で処理されて過剰に増える事はないのですが、肝臓が元気でないと処理が追いつかずに増えてしまいます。 これが赤ちゃんになると肝臓の働きが未発達...

新生児黄疸での基準値と正常値について解説します。妊娠時はこの名前を知らなかった人も多いのではないでしょうか。黄疸とは、赤血球に多く含まれているリビルビンという物質が増え、肌が黄をおびてくるものです。多くは生後2〜3日以降症状が表れます。黄いろ、と言っても産後のママには見分けがつきにくいかもしれませんが、医師や看護師などは新生児をよく見ているので問題があれば指摘してくれるでしょう。そのような症状がな...

新生児黄疸について入院期間と費用について解説していきます。新生児黄疸は肝臓の機能が未熟なために起こる現象です。新生児の血液には赤血球が多く含まれているため、ビリルビンと呼ばれる物質が急激に増える現象が起こります。このビリルビンが肌を黄色く見せる要因であり処理しきれない場合に生理現象としておきます。一般的な生理現象であるため約90%の新生児に現れます。生後2日から3日程度で白目が黄色くなり、1週間か...

新生児黄疸で退院後にどういった点に注意すべきか?ということについて紹介していきます。黄疸とは、血液中のビリルビンが増加し、皮膚や粘膜が黄色に見えることを言います。通常ビリルビンは肝臓で処理をされるのですが、新生児は肝臓の機能が未発達なため、ビリルビンが増えすぎて肌が黄ばんで見えたり、白目が黄色に見えることがあります。なので、新生児の大半は黄疸が出るのです。病的な黄疸は、生まれてすぐに高い数値が出る...

新生児黄疸はよく寝ると治るのでしょうか?詳しく解説していきます。長い妊婦生活を過ごして、出産に耐えて頑張ったぶん赤ちゃんに会えたときのうれしさは何とも言えないですね。守るものができて、これからは子どもの怪我や病気も気になってきます。新生児の初めの検査といえば黄疸がありますが、黄疸とはいったいなんなでしょうか。黄疸とはビリルビンという色素が血中に増加してしまうことです。その結果、全身の皮膚や粘膜に過...